王寧德 Wang NingDe 某一天"Some days" (日.中.ENG) 

2010- 3-31 ~ 4-25 @ zen foto gallery
Artist: 王 寧 德 Wang NingDe(ワン・ニンデ)






opening reception: 2010_3_31
Artist will also participate in the opening party.
当日は王寧德(Wang NingDe)さんが在廊しております。

Click Here to view/ download EDM




王寧德の「SOME DAYS」について
About Wang Ningde's SOME DAYS

文/Mark Pearson_director of zen foto gallery




Wang Ningdeは驚くべきことを達成しました。シリーズ"Some Days で編み出した作品はいずれも彼のものとすぐにわかります。この作品の持つ雰囲気は郷愁や記憶や夢を包み込んでいます。
眠るために眼を閉じるとき、私達は何を感じているのでしょうか。まったくの無意識か、それとも夢見ている時の奇妙な感覚でしょうか。夢は経験の本質的要素による無意識の精神で組み立てられています。
Wang Ningdeの写真の本質的要素のひとつに閉じた眼もしくは開いた虚ろな眼があります。ほかの要素としては人民服が挙げられるでしょう。この洋服は孫文の意匠によるもので、中国の優雅な伝統服や西洋のドレスのスタイルを拒否しています。この屈折した非審美的な洋服が中国共産党の象徴となったことはばかげた結末です。この洋服の奇妙な飾り気のなさは、それを受け入れた中国共産主義単純さと釣り合っています。
シリーズ "Some Days の作品において全ての被写体が人民服を着ているわけではなく、また全ての眼が閉じているわけでもありませんが、全ての作品が夢の要素を含んでいます。Wang Nindgde20世紀の中国から本来の純粋な要素を引き出しています。

Wang Ningde has achieved something remarkable. In “Some Days” he has created a series of photographs with a mood that is instantly recognisable as his. This mood incorporates nostalgia, memory and dreams.
What are we aware of when we close our eyes to sleep? Either nothing at all or that strange awareness when we dream. The dream is assembled by our unconscious minds from essential elements of our experiences.
One of the essential elements in Wang Ningde`s photographs is the closed eyes, or at least the absence of open eyes. Another element is the Mao suit. Sun Yat-Sen designed the jacket, rejecting the elegance of traditional Chinese clothing and the style of Western dress. The absurd result is that this perversely unaesthetic garment became the emblem of communist China, it`s strange simplicity matching the strange simplicity of the society that adopted it.
In the photographs of the series “Some Days” not all the subjects wear Mao suits, not all show eyes that are closed, but all contain essential parts of the dream. Wang Ningde has distilled 20th Century China into its pure elements.

王寧德完成了一些值得令人注意的事情。在 「某一天」的作品中我們可以看見他所編織出的那些情緒,已經讓人迅速地能掌握到,那是屬於王寧德的。而那是一種充滿鄉愁、記憶和夢的情緒。
當我們閉上眼睛進入睡眠時,是否察覺到了些什麼 呢?是 全然無意識,抑或展開一種如夢境般奇妙的感覺。夢,是由現實經驗做為本質而延伸出的潛意識所集聚而成。
王寧德作品裡其中一個重要的元素在於閉闔的眼睛,或者是說,睜眼動作的缺席。另個元素則為毛裝(中山裝)。這件由孫中山先生所設計的衣著,透露著對中國傳統優雅服飾以及西洋服飾的某種否決。然而,諷刺的是,這套實用乏美觀的衣著而後輾轉成為了中國共產黨的象徵標誌。它所有的奇特單純特色正好搭上中國共產的簡陋單純。
在「某一天」系列作品裡,並非所有的攝影主體都穿著中山裝,也並非所有人的眼睛都是閉闔著的,但均帶有「夢」的元素在其中。二十世紀中國的純粹,在王寧德的影像裡,已經完整地被淨化其中。

Comments

Popular Posts