張玉明 チャン・ユミン 「古 塔 」展

Zhang Yuming  "The Ancient Towers"  Exhibition     DM

2010年09月24日(金) - 10月17日(水) 

Opening Party: 2010年10月02日 (土) 15:00 ~ 18:00
(作家さんが在廊しております)

15:00 - 16:00 中国写真評論家蔡萌(サイ・モン)氏によるトークショーも開催されます

 

張玉明「古塔」について

文/マーク・ピアソン
Text/ Mark Pearson (Director of Zen Foto Gallery)

張玉明(チャン・ユミン)に初めて会った日に、古代の石塔を写した彼の写真の展覧会を開催しようと決めた。
彼の写真と石塔イメージの保護に対する少年のような熱意に魅かれただけ でなく、神秘的な石塔そのものにも興味を持った。石塔は美しく、陰鬱で、悲しげで喜ばしい。チャン・ユミンは中国各地の幾千もの仏教石塔を撮影している。 いずれの写真も彼の人生の旅の一歩を示している。チャン・ユミンは石塔の写真を撮る前にその塔の前で頭を垂れ敬虔に祈りを捧げる。全ての石塔の記録を残す のは生涯にわたる巡礼のようなものだろうか。
夢の実現に忠実な彼に感銘を受ける。情熱的な人だ。あるとき中国の郵便 事情のトラブルにより私達の間に不幸な誤解が生じた。私は中国語を話せず、チャン・ユミンは英語を話せないので、彼は自分の15歳の英語を話せる娘に誤解 を解くために私と話しをするよう求めた。彼女は夢を追うために安徽省を離れ北京に行った敬愛する父親がいなくて寂しいはずだが、彼がその道を歩まなければ いけないことを理解している。
石塔は何千年にもわたり屹立していて、その佇まいは時間を超越してい る。いずれの石塔も幾万もの巡礼者が目の前で祈りに頭を垂れるのを見てきた。しかし石塔にも命がある。石塔も老い、朽ちる。雨風に蝕まれ、時として貪欲な 人間によって傷つけられる。石塔は私達の最古の友人なのだ。チャン・ユミンのおかげで石塔は記憶され、称賛され、尊敬されるだろう。

On the day I first met Zhang Yuming I decided to hold an exhibition of his photographs of ancient stone towers.
I was taken with his boyish enthusiasm for photography and for preserving an image of these towers but most of all with the mysterious towers themselves. They are beautiful, austere, sad and joyful. Zhang Yuming has identified thousands of Buddhist stone towers throughout China. Each photograph of each tower represents one step on his life`s journey. Before taking each photograph Zhang Yuming humbly prays in front of the tower. To document and record them all will be a lifetime pilgrimage.
I admire his faithfulness to his dream. He is passionate. At one stage we had an unfortunate misunderstanding caused by the vagaries of the Chinese postal system. As I speak no Chinese and Zhang Yuming speaks no English he asked his 15-year old daughter to speak with me to clear up the misunderstanding. She must miss her dear father who has left her in Anhui province to follow his dream in Beijing, but through love for her father she understands that he must follow this path.
Stone towers stand for millennia. They seem ageless. Each has seen many tens of thousands of pilgrims appear in front of them and bow their heads in prayer. Yet they too have their life cycle. They age and decay. They are eroded by the wind and the rain and sometimes damaged by greedy humans. They are some of our oldest friends. Thanks to Zhang Yuming they will be remembered, admired and respected. 

初次認識張玉明時,我便決定要企劃一個關於他所拍攝的古老石塔的攝影展。
他對攝影充沛的熱情及為保護古塔而從事的攝影記錄工作,讓我留下深刻的印象。
當然,除此之外,我也深深地為充滿神祕色彩的古老石塔而著迷。
古塔優美而樸澀,憂愁中而有一絲欣喜。
張玉明至今已前後拍攝中國各地約莫幾千座的佛教古塔。每張作品都代表著他人生旅程的一小步。每次拍攝之前,他總是會在石塔前,虔誠地磕頭膜拜。記錄古塔的旅程,將會是他一場對生命的巡禮。
我很欽佩他對追尋自己夢想的忠實。他是個相當熱情的人。有一次因為中國 郵政作業上的疏失而曾讓我們之間曾有過不幸的誤會,礙於我不會中文,而他也不會英文,為了要釐清這中間的誤會,他只好請他十五歲的女兒用簡單的英文向我解 釋。父親的遠行縱然讓她感到寂寞,但她對於為了尋夢而毅然決然離開安徽省上京的敬愛的父親,她心裡明白,這是父親該去的道路,他必須這樣去尋夢。
這些石塔屹立千年。它們是永恆的。它們看遍過往上萬的巡禮者,千里迢迢 來到它們的面前,彎身低頭,虔誠地奉獻祈禱。然而,它們各自也擁有生命。石塔會老,會腐朽,會受風雨侵蝕,時而受到貪欲的我們所破壞。石塔,是我們最古老 忠誠的朋友。感謝張玉明,為這些石塔留下記憶,讓它們受到更多的尊禮和崇拜。

Comments

Popular Posts