韓超 (ハン・チャオ)「私の惨めな小宇宙への狂詩曲」展

 
Han Chao “Rhapsody for my Wretched Little Universe”

2 0 1 0 年 1 1 月 0 5 日 ( f r i ) - 1 1 月 2 1 日 ( s u n )

展覧会とともにカタログを出版致します*for more info

        


「私の惨めな小宇宙への狂詩曲」について 
文/マーク・ピアソン
text/Mark Pearson (zen foto director)

「ハン・チャオの写真はテーマの特異性を超えて、見る者の心にまっすぐに飛び込み、強く揺さぶる普遍的な力を備えている。」
------ 飯沢耕太郎(写真評論家)

しきたりを破って生きるのは、とりわけ性的性向者が虐げられる地方にあっては勇気がいる。自分自身の生き方を写真にすることは勇気がいる。そしてその写真を公開するのは勇気がいる。しかし、韓超(ハン・チャオ)はこれら全てを敢行した。
彼の勇気の源はどこにあるのだろう?若気のいたりか、生きる喜びを共有したいがためか、自己愛からか、結果に無頓着なためか。どのような理由にしても、彼が私たちに、私たち自身の日常生活のドラマについて考える機会を与えてくれたことに感謝しよう。
韓超(ハン・チャオ)は、感性のおもむくまま、彼の人間関係や中国の本質を反映させる色彩豊かな写真を撮る。強い色彩は建築物や壁紙、そして風にはためくベッドカバーに乗せられる。
彼はこの作品を“私の惨めな小宇宙へのラプソディ(狂詩曲)”と控えめに言う。でも、本当に惨めか?韓超の写真を見詰めながら自分自身の人生と向かい合う。果たして自分の人生が惨めか、それとも輝かしいかは、見る人それぞれが決めればよい。
               
              

" Han Chao has gone beyond the singularity of this theme, to appeal directly to the hearts of the viewer, who is in turn strongly moved by the artist`s unwavering power. "
--- Kotaro Iizawa (Photography Critic)

It takes courage to live a life that breaks convention, especially in a country that has persecuted those of unconventional sexual orientation. It takes courage to take photographs of the most intimate aspects of one`s life. It takes courage to exhibit those photographs. Han Chao has done all three.
Where has this courage come from? From youthful exhuberance, from a desire to share his joie de vivre, from narcissism, from disregard for the consequences. Whatever the reason we are grateful, because he prompts us also to think about the soap operas of our own lives.
Han Chao embraces colour in his photographs, reflecting his own senses, his relationships and reflecting the nature of China itself. Strong colours appear on buildings, on wallpaper and on the bedspreads hung out to air.          
Disarmingly he refers to this work as “Rhapsody for my Wretched Little Universe”. Is it wretched? In contemplating Han Chao`s photographs we reflect on our own lives. Let us each decide whether the drama of our own life is to be wretched or glorious.


「韓超的作品已超越了作品題材本身的獨特性,直接且強而有力地直擊觀看者的心頭。」
----- 飯澤耕太郎(知名日本攝影評論家)

我們需要一點勇氣去過著不同於慣例的生活,特別是在某些打壓非常規性傾向的地方。也需要一點勇氣去拍攝這些屬於相當親密的某某私生活。更需要一點勇氣去公開,分享這些相片記錄。

韓超,他徹底地實現以上三種勇氣。 
他 的勇氣從何而來?來自於他充沛的青春泉源,來自他渴望和大家分享一點他的生活之樂(譯自法文 joie de vivre),來自於他的些許自戀,來自於他所謂初生之犢不畏虎的精神。不論我們能想到的哪些原因,韓超,他提示我們,其實我們每個人的生活不也都像是一 齣齣肥皂劇嗎。
韓超的攝影作品裡包含了大量繽紛的豐富色彩,反映了他個人的特質,反映了他與人之間的關係,也反映了當代中國本質。於建築物上、壁紙上、床罩上的種種強烈鮮豔的色彩,隨風振顫在空氣中。
他將這一系列的作品命名為「我糟糕的小宇宙叙述曲」。然而,是真的如此糟糕嗎?
注視著韓超的每一張作品,不正是反映了我們每個人的生活嗎。就讓我們各自決定生活中的種種戲劇究竟是糟糕或是光輝呢。

Comments

Popular Posts